AISIN comCruise
Recruiting Page

2010年4月入社 ドライブトレイン系開発担当 吉村 宏美
採用特設ページ > ロールモデルインタビュー「吉村 実美さん」

ピックアップインタビュー「吉村 実美さん」

吉村実美さん(ドライブトレイン系開発担当)にお話を伺いました。仕事のやりがいや社内の雰囲気、オフの過ごし方に至るまで、吉村さん目線で紹介します。

仕事のやりがいについて

クルマは人の命を預る乗り物、
その中枢部分を担う使命感に燃えます。

私が担当しているのはバスやトラック等に搭載されるオートマチックトランスミッション(以下AT)のソフトウェア開発です。
現在は、制御の基盤となるプラットフォームの設計を担当しています。新しいシステムの仕様を実現するために、システム全体の構造を理解し、最適な制御となるようにソフトウェアを設計します。さらには、シミュレーションや実車実験を繰り返しながら、僅かな異常も見逃さないようにシステムを完成させていきます。

吉村さんの仕事のやりがいについて 吉村さんの仕事のやりがいについて

仕事の使命感 仕事の使命感

クルマは人の命を預かる乗り物であり、ATは特に誤作動することが許されません。そのため、開発はとても根気のいる仕事となりますが、それだけに完成時の喜びは言い表せないものがあります。

チームワーク、一体感について

チームワークの良さは、社内NO.1であると自負しています。

私の所属するチームは、逆境に強くどんなことでも団結力で乗り切ってしまうほどのパワーを持っています。
東日本大震災の後、部品の供給が停止し、工場が生産停止するかもしれないという危機的な状況の中、チーム全員で応援に赴き、部品変更に伴うソフトウェア開発を行いました。なにがなんでもやり遂げなければと、チーム一丸で取り組み、通常2年かかる開発を、約2ヶ月で完成させました。

一体感について 仕事の使命感

やり遂げた際の成長感 やり遂げた際の成長感

最後の力まで振り絞ってやりとげた時の感動と達成感は、それまでの苦しさを吹き飛ばしてくれました。
この私たちの取り組みは、高い功績として評価され、お客様から表彰をしていただくことができました。それ以上に、私自身、ひとまわり成長した気持ちになれたことが一番の悦びです。

社内の雰囲気について

わからないことがあれば先輩に気を遣うこともなく自然に聞けます。

チーム団結力の源は、「明るく 楽しく 元気」と、どこかの小学校の教訓をそのままみたいですが、良い雰囲気があるからだと思います。
より良いモノづくりを進めるため、チーム一丸となり上司や先輩、同僚たちと活発に意見交換を行います。

チーム団結力の源について チーム団結力の源について

職場に配属されるまでは、ソフトウェア開発の仕事は、パソコンに向かい、一人で黙々とプログラミングを書くというイメージを持っていました。しかし、それでは良いモノづくりはできません。様々な視点が入ることにより、一人では考えつかなかったことに気づけます。
風通しがよく、わからないことがあれば先輩に気を遣うことなく自然に聞けます。そうして、自分の知らない技術やシステムについて理解できた時は嬉しく、新しい世界が拓ける(ような気がする)のが好きです。

教育体制について

まったくの未経験でも安心の研修制度があります。

当社には入社前に入門知識取得のための学習支援と、入社後に基礎技術を学ぶ教育研修があります。私は、学業の傍ら、入社前に学習支援で紹介されたプログラミングの初歩がわかる本を何度も読んで勉強しました。そして、入社後の新人集合研修で実践的なプログラミング手法を学び、製品のプログラムを見れば制御の流れが掴めるようになり、配属先のOJT(On the Job Training)を経てC言語を使いこなせるようになりました。

チーム団結力の源について チーム団結力の源について

オフの過ごし方

何より休日は仕事のことを忘れてのんびり。リフレッシュを心がけています。

休日は普段出来ないことを思う存分楽しみます。モータースポーツをしたり、魚釣りをしたり、読書をしたり、やりたいことは尽きません。最近はクルマ好きが高じて、モータースポーツの同好会を設立し、会長を務めながら、メンバーと一緒に車両のチューニングをしたり、スポーツ走行を楽しんでいます。

当社は若い会社なので、社内では自分たちが会社を作っていくという雰囲気が強いです。
こういった同好会の設立も、誰でも、どのようなジャンルでも、簡単に設立ができるよう会社から認められており、費用面などの支援もなされます。

就職活動中の皆さんに伝えたいこと

自分がやりたい仕事、自分にあった仕事を選ぶことが大切だと感じています。

就活中の学生へメッセージ 就活中の学生へメッセージ

会社選びとは、手当たり次第にアタックするのではなく、「自分が目指すことは何か」「譲れないポイントは何か」等と、自分の軸を見極めていくことではないでしょうか。そうすることにより、面接での説得力が生まれますし、入社後、仕事が楽しいだけでなく、苦しい時には困難を乗り越える力に繋がります。
そうして、困難を乗りこえる度、ひとまわり成長した気持ちになれます。

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る